スレッディング・糸脱毛とは?安くカンタンに顔の産毛を整えられる方法 

(1)スレッディングとは

エラ

りんちゃんは、顔の産毛や眉毛を整えるのはどうやっているの?

りん

私は、電気シェーバーでやっているよ。

エラ

それだと、すぐに生えてきてイヤにならない?お肌への負担もあるし。
実は最近、アメリカを中心に広がりつつある“スレッディング”っていう脱毛方法があるんだけど知っている?

りん

えっ、何それ!? 知らない!!

エラ

スレッディングはアラブの伝統的な脱毛方法で、アメリカでハリウッド女優やモデルを顧客に持つカリスマメイクアップアーティストがブームの火付け役になったんだ。

りん

どんな脱毛方法なの?光脱毛?

エラ

光脱毛とかみたいにマシンを使うんじゃなくて、2本の糸をクロスして素早く顔の産毛や眉毛を整える糸脱毛だよ。セルフでも出来ちゃうとっても簡単な方法になっているよ。

(2)糸脱毛の方法(用意するもの・やり方)

りん

ホントに糸脱毛って自分でも簡単にできるの?

エラ

不器用さんでも結構簡単にできるわよ!

りん

それなら今度ちょっとやってみようかな。
どうやってやるの?

エラ

まずは、糸(45㎝くらい)・ベビーパウダー・手袋・化粧水を事前に用意してね。

りん

糸はどんな糸がいいの?

エラ

糸は裁縫用の糸でOKよ。
脱毛のしやすさを考えると、シルクの糸が滑りがよくておススメ
脱毛方法だけど、
①糸を滑りやすくして産毛と絡みやすくするために、ベビーパウダーで脱毛部位に軽くはたいてね。慣れないうちは指が痛くなっちゃうから、手袋で指をカバーしてあげるといいわよ。
糸の末端を結んで輪っかを作って、下のように糸を八の字にして中心を10回くらいねじってね。

エラ

③ねじったところをお肌にあてて左右に動かしたら毛が糸に絡んで引っ張られて抜けるわ。
④脱毛が完了したら化粧水でしっかりと保湿をしてね。

りん

ほんと簡単!
でも、眉毛とか整えたいところ以外も巻き込んで抜いちゃいそうだから、慣れるまでは気を付けてやらないとだな~。

エラ

眉毛はちょっと難しいから、額や鼻の下なんかで試してみるといいわ。
動画サイトで検索するとHOW TO動画があるから検索して参考にしてみてね。
それと、糸脱毛のお店なんかもあるから、1度プロにやってもらってテクニックを盗むっていうのも1つの方法よ。

(3)糸脱毛のメリット・デメリット

りん

糸脱毛はとっても簡単で、セルフでもチャレンジしやすいのはよく分かったんだけど、糸脱毛のメリットとデメリットがあれば聞いておこうかな。

エラ

糸脱毛のメリットは5つ。

①美肌効果
産毛処理時に毛穴の古い汚れや角質が取り除かれて、お肌がワントーン明るくなるよ。
②眉毛なら短時間で完了
糸脱毛で眉毛を整えるのにかかる時間は平均7~10分ととっても短時間。
③持続性が高い
シェービングなんかだと効果がとっても短いのに対して、糸脱毛は1本1本毛の根本から処理していくから、次の毛が生えてくるまでの期間が長くなるわよ。
きちんと処理ができていれば、3週間に1回程度の処理でOK
処理を続けていくほどに毛がだんだん薄くなってくるよ。
④安全
他の処理方法と比べて、お肌を傷つける心配がないから安全。
⑤リーズナブル
糸とベビーパウダーと化粧水、手袋があればOKだから、とってもリーズナブル。

りん

リーズナブルなのに短時間で終わって持続性は高いし、安全で美肌効果もあるしでいい所ばっかりだね!

エラ

次はデメリットについて。

①痛みがある
個人差はあるものの、毛根から毛を抜くから少なからず痛みはあるんだ。
痛みにてついてチリチリとした痛さっていう人が多いわね。
②太い毛には不向き
産毛のような細い毛には効果的だけど、太くてしっかりとした毛はうまく抜けないうえに、痛みが強いんだ。
③肌荒れが酷い時はNG
化膿しているニキビや吹き出物、アレルギー症状やアトピー肌の人は、糸の刺激が肌トラブルを悪化させる可能性があるから施術できない場合があるわ。お肌の状態が落ち着いているときにやったり、サロンに行ってやってもらってね。
④永久脱毛ではない
毛根から毛を抜くとはいえ、毛根を破壊するわけじゃないから一定期間経ったら毛はまた生えてくるわ。ツルツルを保ちたければ、3週間に1回のペースでやるのがおススメ。

りん

太い毛には向いていないってことは、脇とかすね毛は避けた方がよさそうだね。
永久脱毛じゃなくても、処理するペースがシェーバーよりも減るからそこは問題ないかな。

エラ

まだスレッディングをやっているサロンは少ないけど、これから増えてくる可能性大だから、自分でやるのもいいけど、プロにお任せしちゃうのもいいかもしれないわね。

りん

糸脱毛、これから新たな脱毛方法として要注目だね!

ページ上部へ
戻る