妊娠中の人が脱毛してはいけない理由をまとめてみた

妊娠中はレントゲンやX線検査NGです。
では、肌に光をあてる全身脱毛はどうなのでしょうか?
実は、光脱毛自体は母体や胎児に直接影響はありません。
しかし、NGになります。

では、なぜNGなのでしょうか。
今回は、妊娠中の人が脱毛してはいけない理由に加え、妊娠中のムダ毛処理方法や、脱毛再開のタイミングについてまとめてみました。


妊娠初期に気がつかず脱毛しても、母体や胎児に直接影響はない 

妊娠初期に気が付かず脱毛に通ってしまっていたという人で、お腹周りや、VIO脱毛等、胎児に近い部分の脱毛は特に心配になってしまうのではないでしょうか。
しかし、光脱毛で使用する光は、身体の表面の毛根にしか影響を与えないため、母体の奥の子宮や、胎児に直接害を及ぼすことはありません。よって、妊娠初期や妊娠中にVIO脱毛してしまったから、“胎児に何か影響が出てしまうのではないか”という心配は無用です。
 
レントゲンやX線検査に使用する放射線は、身体の中を通過します。しかし、光脱毛は体の浅い部分にある、毛根や毛包にしか影響しない光線を使用しているため、母体の奥の子宮や胎児に届くおそれはありません。
そのため、「生理遅れてるなって思いながらサロン通ってたら、妊娠してた!」という場合も、慌てなくても大丈夫です。
 
しかし、妊娠が分かった時点で、脱毛サロン通いはお休みする必要があります。すぐにサロンに連絡して、妊娠による有効期限の延長や休会手続きを取りましょう。


妊娠中に脱毛をしてもリスクはないの? 

妊娠中の脱毛が母体や胎児に影響を与えるということはあまり考えにくいのですが、可能性が低いとはいえ、いくつかのリスクはあります。
 
・肌荒れになりやすい
・毛周期が乱れる
・脱毛の効果が出ないことがある
・気分が悪くなるおそれがある
・脱毛の痛みや冷えを感じやすくなる
 
なぜ、こんなことがおこるのでしょうか。これらのリスクには女性ホルモンの乱れが影響しています。


妊娠中はホルモンバランスが乱れる 

妊娠中は妊娠前とホルモンバランスが大きく変わるせいで、お肌や体、心の状態が不安定になります。
 
女性の体には「エストロゲン」という黄体ホルモンと「プロゲステロン」という卵胞ホルモンが分泌されています。女性ホルモンは普段はバランス良く分泌され、女性の美しさを保つのに役立ちます。
 
妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンが増え、月経が止まり、胎盤の発達や子宮内膜の形成などがはじまります。女性ホルモンの増加は、赤ちゃんを子宮で育み、無事に出産し授乳するために、欠かせない身体のはたらきなのです。
 
しかし、一方で、妊娠中は特にプロゲステロンの分泌量が増加し、ホルモンバランスが普段と違ってしまいます。これが疲労感やつわり、気分の浮き沈みなどの原因になります。そんな状態のときに脱毛をしてしまうと、お肌が荒れてしまうことや、気分が悪くなってしまうことが考えられます。
 
また、プロゲステロンは寒さや外的刺激から母体を護ろうとするため、体毛の毛周期を伸ばしたり、毛を濃くしたりします。そのため、脱毛の効果が出にくいことがあります。


また、他にも考えられる問題とし、脱毛時の痛みが原因で陣痛が誘発されてしまう可能性もあります。さらには、脱毛によって蓄積されたストレスが原因で、流産を引き起こす可能性もないとは言えないのです。
 
可能性が低いとはいえ、トラブルが起きてしまったらクリニックやサロンでは責任を取ることはできないので、妊娠中の脱毛は行えないのです。
以下、妊娠中に脱毛してはいけない理由を具体的に解説していきます。
 
(※)妊娠していないときでも、生理前や生理時にお肌がとてもデリケートになるという人も少なくないと思います。
これは、生理前にプロゲステロンが増加する時期になるからです。そのため、肌トラブルを懸念して脱毛を避けるようにすすめられることがあります。


妊娠中に脱毛してはいけない理由 

その1:肌荒れになりやすい
ホルモンバランスの影響で、妊娠中はとても肌荒れしやすい状態にあります。
生理前と同様、ニキビやかゆみ、シミなどができやすく、水分量が崩れているため非常に乾燥しやすくなっています。

そんな状態のときに脱毛を行ってしまうと肌トラブルを起こす可能性が高くなるので、妊娠中の脱毛は避けた方がよいと言われています。
特に妊娠中に顔脱毛をして肌トラブルが起きてしまったら、腕などとは違って洋服で隠すこともできないので要注意です。
 

その2:毛周期の乱れ
妊娠中になると、女性ホルモンの作用によって毛周期が変わってきます。

毛にはサイクルがあり、一定の期間が経つと自然に抜けて新しい毛が生えてくる仕組みになっていて、「成長期→退行期→休止期」を繰り返しています。IPL脱毛の場合、この毛周期に合わせて脱毛します。
 
プロゲステロンの作用により、妊娠中は、毛のサイクルは毛周期の「成長期」でストップします。そのため、脱毛しても効果をあまり実感できにくくなるのです。
 

その3:脱毛の効果が出ないことがある
妊娠中に脱毛を行ってしまったという人の意見として、「全身脱毛をしたのに出産したらまた毛が生えてきた。」なんていう声があがっています。
その原因として考えられるのは、妊娠中のホルモンバランスの崩れです。

毛の成長はホルモンバランスにとても影響を受けやすいので、妊娠中に脱毛を行ったとしても脱毛の効果はなかなか得ることができず、また同じところから毛が生えてきてしまうことがあるのです。
 
また、妊娠中は脱毛して毛がなくなるどころか、多毛症と言って毛が濃くなってしまう可能性もあるので、出産が終わるまでは脱毛をしないほうがよいと言われています。

お金と時間をかけて脱毛したのに、脱毛効果が得られないどころか、普段よりも更に毛が濃くなってしまっては元も子もないですよね。
 
 
その4:気分が悪くなるおそれがある
妊娠中は肉体的にも、精神的にも、ストレスや刺激に敏感になります。
全身脱毛の施術では、長時間うつぶせなどの同じ姿勢でいるため、体に負担になることがあります。
特に、お腹が目立ってきてからは負担が大きくなります。
 
また、脱毛の施術時には毛が焦げるにおいがすることがあります。毛が焼けるにおいは独特なので、妊娠前は平気でも、妊娠中は気分が悪くなってしまう可能性があります。
 
 
その5:脱毛の痛みや冷えを感じやすくなる
妊娠前は問題なかった施術の痛みでも、妊娠中は特に肌が敏感になるため、強い痛みを感じてしまうことがあります。
 
また、光脱毛の際は冷却ジェルを使います。
ジェル不使用のサロンでも、何らかの方法で肌を冷やします。体が冷えることで母体にストレスがかかり、妊娠に悪影響が出るおそれがあります。


妊娠中のムダ毛処理方法について 

妊娠中のムダ毛処理はできれば避けた方が良いのですが、「妊娠中でもキレイな肌でいたい!」という場合は、肌に優しい電気シェーバーで自己処理するのがおススメです。
 
今は妊娠中でもおしゃれやマタニティフォトを楽しみたい時代です。ムダ毛ボーボーは気になりますよね。
 
どうしても処理したい場合は、肌に優しい電気シェーバーを使います。
毛抜きやワックス、除毛クリームなどの肌への刺激が強い脱毛はもちろんNGです。
また、カミソリや家庭用脱毛器での脱毛も、肌に負担になるので避けましょう。
 
電気シェーバーでの自己処理後は、普段以上に丁寧に保湿を行い、肌を十分にケアしましょう。
もしも自己処理後に、肌が赤くなるなどのトラブルが生じたら、早めに皮膚科に行きましょう。

妊娠前の脱毛が人気!?
分娩台に上がったときにVIOや脚のムダ毛を見られるのが恥ずかしいと感じることから、妊活の1つとして脱毛をする人が増えています。
妊娠前の脱毛は、身体に影響を与えることはないので、妊娠前にVIO等の気になる部分の脱毛を済ませておくと良いでしょう。


出産後に通い始めるオススメのタイミング 

出産後に再び脱毛を始めるタイミングとしては、出産をして、授乳も終了し、生理が2~3回来て、安定した生理周期になったころがおススメです。
 
「そんなに時間がかかるの!?」とびっくりされる方もいるかと思いますが、これには理由があります。
 
出産後、身体は出産前のホルモンバランスに戻ろうとします。妊娠中は毛のサイクルが「成長期」で止まりますが、出産後は「休止期」に入ります。そのため、一時的に抜け毛が増えます。個人差はありますが、一般的には出産から4カ月以内には抜け毛が始まり、数カ月から1年くらいかけて、徐々に普段の毛周期に戻っていきます。
 
このような仕組みのため、出産後急に脱毛を再開しようとしても、普段とは毛の量やサイクルが違うこともあり、効果的な脱毛がしにくいと考えられています。
 
多くのサロンでは、妊娠中や授乳期の人のために、休会や回数プランの期限延長のシステムを設けています。
例えば、キレイモと銀座カラーを例にあげて説明をすると、キレイモの場合は、妊娠時の対応が月額制と回数パックで異なります。月額制の場合は休会制度や保証期間がなく、中途解約&再契約となります。また、回数パックプランの場合は保証期間があり、その保証期間内に間に合わない場合は簡単な手続きで最大2年まで保証期間を延長することができます。
一方、銀座カラーでは通えるプランが決まっているプランでは、妊娠・出産中に期限が切れてしまうため、申込時に途中でお休みや延長ができるか確認が必要です。ただし、無制限のメンテナンス期間が付いた脱毛し放題プランなら追加料金なしでお休みができるから安心です。
これらの制度を利用しつつ、焦らず脱毛が再開できる時期を待ちましょう。
 
脱毛サロンの多くは、一般的には授乳完了後、生理が2~3回来てからの施術再開となります。妊娠する予定や希望のある方は、あらかじめサロンの制度を確認しておくのがおすすめです。
 
なお、回数プランや通い放題でローンを組んだ場合、妊娠しても支払いがストップするわけではないので、注意が必要です。月額制の場合は、妊娠が分かった時点でいったん解約することになるでしょう。早めにサロンに連絡して下さいね。
 


ページ上部へ
戻る

「いま」選ぶべき人気の脱毛をピックアップ!|Skyun(スキュン)