風邪気味で全身脱毛はダメ!ついやってしまいがちなNG項目とは?

予約を入れていたけど、なんだか風邪気味…。

なかなか予約を入れられないから、風邪気味でも全身脱毛に行きたい!と思うかもしれませんが、そこは我慢しましょう。
風邪気味での全身脱毛はNGです。

今回は、ついやってしまいがちなNG項目についてご説明します。


風邪薬を飲んでいても脱毛はできる?

病院に行けなくても、薬局に行けばすぐに購入ができる風邪薬。服用すると、施術を断られてしまうケースが大半を占めています。

何故断られてしまうかというと、薬の副作用に原因があります。

副作用があまりないと思われがちな風邪薬ですが、抗生物質の配合された風邪薬は服用すると肌が通常時に比べ、熱に敏感になってしまうことがあります。それにより、全身脱毛においては思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまう危険性があるのです。

風邪薬の副作用で熱に敏感になっている肌は、全身脱毛の主流となっているフラッシュ脱毛に使われているレーザー光と反応し、炎症や火傷、強い痛みなどを引き起こす危険性があります。

中にはレーザーを当てた部分が過剰に反応して湿疹ができてしまう、「光線過敏症」などの副作用を起こすこともあり得ます。
 
よって、レーザー脱毛は薬服用中にはNGになります。

風邪薬を飲んだことをサロンに言わなくても大丈夫だろう、と自己判断を行うことは危険なので絶対にしないでください。

もし脱毛の予約をしている前日や当日に、「あれっ、なんだか風邪っぽいな」と思って風邪薬を服用してしまった場合は、サロンに電話をして施術が可能かどうか、もし不可能な場合は別日に予約を振り替えることが可能かどうかの確認をしてみてくださいね。

また、これは病み上がり時も同様で、風邪薬を服用してお肌が熱に敏感になっているので脱毛は控えましょう。

例えば、ミュゼプラチナムやキレイモなんかは、脱毛ができない条件として、風邪をひいていたり体調がすぐれない人、風邪薬などの薬を服用している人をあげています。


服用してしまうと脱毛NGな薬は?

基本的には全ての薬に対して施術NGとされていますが、実際は服用しても大丈夫な場合と絶対にダメという場合があります。
では、どのような薬が絶対にNGなのか、ご説明していきます。

 
【 抗生物質・解熱鎮痛薬・抗真菌薬 】

抗生物質・解熱鎮痛薬・抗真菌薬の3種類は、服用したら脱毛は絶対にNGです。

これらは薬局などでも簡単に購入できますが、副作用として「光線過敏症」があるので、光を浴びた肌に赤みや痒みが生じたり、最悪の場合、皮膚炎などを引き起こしたりする危険性があります。

よって、様々な市販薬に配合されているこの3種類は要注意です。

これらの薬がNGということは、熱があるときの脱毛は控えたほうが良いということがわかりますね。

 
抗ヒスタミン・抗うつ剤・精神安定剤

フラッシュ脱毛は、抗生物質の他に抗ヒスタミンが含まれている薬や抗うつ剤、精神安定剤などの薬を服用している方も施術NGです。

これらが含まれた薬を飲んでフラッシュ脱毛を受けると、ヤケドのような症状が出ることがあります。

抗生物質を飲んでしまったら、脱毛が大丈夫になるまでは2日は間隔を空けるようにしましょう。 

 
女性ホルモン製剤・ピル

ホルモンバランスが崩れている生理中同様、ホルモンバランスに働きかける女性ホルモン製剤やピルを服用している場合にも、脱毛効果が正しく出ない可能性があるため、施術を断られるケースがあります。

ただし、低用量ピルであれば施術OKのサロンもあるので、事前に相談してみてください。

 
その他
鼻炎薬・血圧関係の薬・経口抗真菌薬などの薬も、服用していると施術を断られます。

また、予防接種を受けた場合にも4日~1週間以上の期間をあけないと施術してもらえないことがありますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。


薬以外にもNGってあるの?

事前のカウンセリング時に持病があるかを確認されます。

例えば、椎間板ヘルニアや糖尿病の方は施術を断られてしまいます。
だからと言って、嘘をついて持病を隠すことは危険なので、必ずきちんと申告をしましょう。


薬は脱毛の何日前から飲まないほうがいいの?

薬を服用していたら脱毛する何日前から薬を控えたらよいと思いますか?

これは、サロンによって様々ですが、脱毛する8時間前から1日服用しなければ大丈夫と言われています。

しかし、薬の副作用である光線過敏症が心配な人は2日以上間隔を空けることをおススメします。


ページ上部へ
戻る