全身脱毛とはどこまで?最低限の範囲やサロンごとの違いを比較調査!

全身脱毛ってどこからどこまで?

りん

ねぇ、エラ。

エラ

なに?りんちゃん。

りん

ふと思ったんだけど、全身脱毛っていうものの、全身脱毛っていったいどこからどこまでが全身になるのかなぁ?脱毛の値段も重要だけど、その前に脱毛範囲が自分の希望に沿ってないと意味ないよね。

エラ

確かに、全身脱毛って一言で表すには範囲がアバウトすぎて分からないよね。

りん

基本的な全身脱毛の範囲みたいのはあるのかな?

エラ

そうね。ほとんどのサロンが全身脱毛の範囲としてあげているのが“足全体・腕全体・背中・バスト周辺・お腹周辺・ワキ・Vライン・お尻(Oライン除く)”かな。

りん

顔とかVIO脱毛のI・Oラインは含まれないのかぁ。

エラ

そうね。顔とかの敏感な箇所はサロンによって対応箇所も変わってくるから事前のチェックが必要になるわよ。

サロン別全身脱毛範囲

りん

サロンによって、対応箇所も変わってくるって言っていたけど、例えばどんな感じとか分かったりする?

エラ

じゃあ、大手サロンにしぼってどんな感じなのか説明してあげるね。

りん

おおっ、さすがエラ!よろしくお願いします!!

エラ

回説明するのは、銀座カラー・キレイモ・ストラッシュ・恋肌・ラココの5つの脱毛サロン。
まずは、下の表を見てね。(※脱毛箇所はサロンHPより抜粋)

銀座カラー

エラ

銀座カラー脱毛機:IPL脱毛
銀座カラーの脱毛方法:冷却ジェル不要の最新マシンで、黒い色素に反応して毛根にダメージを与える脱毛方法

キレイモ

エラ

キレイモ脱毛機:IPL脱毛
キレイモの脱毛方法:冷却ジェル不要の最新マシンで、黒い色素に反応して毛根にダメージを与える脱毛方法

ストラッシュ

エラ

ストラッシュ脱毛機:SHR脱毛
ストラッシュの脱毛方法:バジル領域や毛包に対してダメージを与える脱毛方法

恋肌

エラ

恋肌脱毛機: THR方式
恋肌の脱毛方法:美肌に導くコラーゲン美肌脱毛を採用

ラココ

りん

なんか、こう見ると、サロンによって表記の仕方も全然違うのが分かるね。銀座カラー・キレイモ・ストラッシュが顔脱毛が含まれているんだね。脱毛範囲って上半身と下半身に分けてみても違うもんなんだね。

エラ

上の図をもとに、もっと詳しくみていこう!

りん

お願いします!ちなみに、銀座カラーは“顔”ってひとくくりになっているけど、詳しくはどんな感じなの?

エラ

いい所に気が付いたわね!詳しくは、目の周りを除く全てが照射可能だよ。
全身脱毛の範囲の中でも顔が最もサロンによって異なるから、今回は顔部分に焦点をあてて見ていこう!
顔部分で何か違う点があるか分かるかな?

りん

えーと、そうだなぁ。
あっ!“こめかみ”が脱毛範囲に含まれているサロンと含まれていないサロンがある!

エラ

その通り!
“銀座カラー・ストラッシュ・ラココ”が脱毛範囲に含まれていて、“キレイモ・恋肌”は含まれていないんだ。他にもあるんだけど、分かるかな?

りん

ちょっと待ってね。“鼻”が含まれている所と含まれていない所がある!

エラ

だね!鼻については施術不可としているサロンが多いんだけど、“銀座カラー・キレイモ・恋肌・ラココ”は脱毛可能とされているんだ。

りん

何で鼻は施術不可の所がほとんどなの?

エラ

それはね、鼻は顔の中でも凹凸があって、目にも近い部位で技術を要するからだよ。

りん

へー、そういう理由なんだね。眉間も範囲に含まれている所と含まれていない所があるね。

エラ

おっ、よく気が付いたわね!
眉間が範囲に含まれているのは“銀座カラー”と“ラココ”だけなんだ。

りん

やっぱり眉間も目から近いからなの?

エラ

そうだね。間違って目に照射してしまったら本当に大変なことになっちゃうからね。

脱毛NG箇所について

りん

サロンによって脱毛範囲が違うのはよく分かったんだけど、絶対にここは脱毛NGっていうところってあるの?

エラ

もちろん! “まぶた・喉元・粘膜・髪の毛”は絶対に脱毛NGだよ。

りん

“まぶた”と“喉元”は何でダメなの?

エラ

“まぶた”って、皮膚がとっても薄いでしょ。

りん

うん。

エラ

その薄いまぶたの下には何がある?

りん

眼球!

エラ

その通り!眼球に光が当たっちゃうと失明につながってしまう可能性も指摘されているから脱毛が出来ないんだ。

りん

わー、失明とか怖すぎるね。納得!
じゃあさ、“喉元”は何でだめなの?

エラ

それはね、喉元もまぶた同様、皮膚が薄くて、近くには甲状腺とか血管がたくさんあるからなんだ。
これらを傷つけちゃうと、体に悪影響を与える恐れがあるからだよ。

りん

粘膜は?

エラ

粘膜は皮膚がとっても弱くてデリケートで、元々細菌やウイルスから皮膚を保護してくれているものだから、傷ついちゃうと細菌やウイルスが体内に侵入してしまうことが考えられるから。
そして、髪の毛については、髪の毛を扱うには美容師免許を要するから脱毛サロンでは基本的には髪の毛の脱毛はNGなんだ。照射する光の種類によっては、火傷の恐れがあるからね。

りん

そういう理由があるんだね。納得!

エラ

ちなみに、全身脱毛を医療脱毛でやる場合も、クリニックによって顔やVIO等の対応箇所が変わってくるから、気になる人は調べてみてね。リゼクリニックなんかは、医療脱毛で全身脱毛をするにはおススメよ。

ページ上部へ
戻る